おうちでヨガ「開脚のポーズ」

おうちで出来るヨガのポーズをご紹介しましょう。
一番簡単だと思う開脚のポーズからご紹介します。
このポーズは、その名前の通り、足を開きます。
腰を強くする効果や、体のひずみを矯正する効果、または内臓下垂などに効果があります。

まず、床に座って柔軟体操の形のように両足を開いて行きます。
いきなり開くのではなく、少しずつ広げて行く感じです。
内股を手でさすりながらほぐしながら、少しずつ開いて行きます。
背中は曲げずに真っ直ぐにしましょう。
これは、体が堅い人は苦手でしょうね。
私も柔軟が苦手なので開脚しているだけで辛いです。

次に息を吐きながら、手を前に、上半身を柔軟体操のように前に倒します。
手だけを前に伸ばすのではなく、腰を前にやるように意識して下さい。

ちょっと痛いところまで倒したら、そのまま腹式呼吸をします。
息を吸いながら、体を起こし、元の位置に体を戻します。

この開脚のポーズは、特に冬場など無理して開くと、ももの内側の筋を痛めてしまいます。
ですから、無理せずに開けるだけ開けば良いのです。
ちょっと痛いなと思うくらいでやめておきましょう。
お風呂上りなど体が比較的柔らかいときにやると良いと思います。
毎日続けることが肝心です。
少しずつですが毎日やっていると開けるようになりますよ。

足を開き、内股の筋を伸ばしてあげます。
骨盤が開きますので、ゆがみを矯正してくれます。
同時に内臓も刺激してくれるのです。
ヨガのポーズでも、難しいものではありませんから、とにかく毎日続けることが大切です。

参考:茨木 ホットヨガ